ダミー
  • 北海道情報doなびへのご意見
  • 北海道情報doなびのサイトマップ
  • 北海道情報doなびへ広告掲載をお考えの方へ
  • 北海道情報doなびへ相互リンクご希望の方

北海道情報doなび|北海道の観光やグルメ情報を発信

グルメ情報トップへ  観光情報トップへ
北海道情報サイトdoなびモバイルサイト


観光 > 地域:札幌 > ジャンル:観光地

【ヒット数:43件 31件〜43件まで表示】

前の15件 1 | 2 | 3 
札幌農業演武場として誕生以来、時計台は1世紀以上ものあいだ、休まず時を刻み続けています。その悠久の鐘の音は、いまもさっぽろ市民の心に安らぎを与えています。
明治の薫りを今に伝える洋風建築物。明治13年北海道開拓使直属のホテルとして建築されました。明治以降の3代の天皇が宿泊された、国指定の重要文化財。結婚式場・レストラン・喫茶室・パーティー会場としてご利用できます。
藻岩山中腹に位置し、眼下に広がる札幌市街を背景にバラを美しいバラが咲きこぼれる姿は圧巻です。世界中の品種、400種4000株のバラを7月と9月、2度楽しむことが出来ます。オリジナルのローズソフトクリームが人気。
札幌の中心部を東西に横切るように、大通西1〜12丁目まで全長1.6kmにのびる市民憩いの公園。
夏はトウキビワゴン、ビアガーデン、YOSAKOIソーラン祭り、冬はホワイトイルミネーション、雪祭りなどが催される素晴らしい公園です。
公園内には札幌のシンボルテレビ塔や噴水、遊具施設、著名な作家らの彫刻などがあり、観光客のみならず、地元の人々のくつろぎの場所になっています。
緑の芝生や札幌の花ライラック、桜、11丁目のバラ園など四季を折々の植物たちも、オフィス街に彩りを添えてくれています。
眼下に広がる大地と地平線、空までをも見わたすこの施設は、夏・冬、国際大会が行われる近代的なジャンプ台でもあり、世界のトップジャンパーが記録を競います。観光とスポーツを一緒に楽しめる場所として親しまれていま
大通公園の最も西側、13丁目に建つ札幌資料館は、大正15年(1925年)に札幌高等裁判所として建てられた歴史的建造物。
昭和48年(1973年)の裁判所の移転に伴い、札幌市資料館として開館し、平成9年には国の登録有形文化財にも選ばれています。
平成18年より裁判所時代の法廷が復元されることになっており、現在改修工事中。
1階には個性的でユーモラスなキャラクターでおなじみの漫画家おおば比呂司の作品を展示する「おおば比呂司記念館」も併設されています。
標高137.5m,市内を一望するビューポイントです。遠くは夕張山系など空知一帯の山々まで見渡せ、夜は夜景の名所でもあります。天然記念物「藻岩原始林」に隣接しており、丘陵地帯の起伏に富んだ園路を楽しめます。
サッカー・プロ野球・コンサートなど多彩なイベントが開催される札幌ドーム。イベントのない日には舞台裏を見学できる「ドームツアー」が実施される他、屋根から突き出た「展望台」からは札幌市街の大ダイパノラマが広がります
館内には札幌オリンピックやウィンタースポーツの貴重な資料を揃え、最新のシュミレーターで競技選手と同じウィンタースポーツを疑似体験できる「体感・体験ゾーン」など見て、触れて、楽しみながら学べる施設です。
豊平川へのサケ回帰運動にともない「サケのふ化放流を続けるための市民のふ化場を」「サケについて学習する為の施設を」との思いで1984年に開館。ふ化放流事業の他、サケの仲間や豊平川の淡水魚について学ぶことが出来ます
札幌ファクトリーはサッポロビール発祥の「開拓使麦酒醸造所」のレンガ造りの工場を、当時の面影を残しつつ建設された全天候型の大型ショッピングモール。
館内はガラス張りの開放的なアトリウムを中心に、全6棟で構成されており、衣食住の全てをプロデュースしてくれるショップが勢揃いしています。
その他にもシネコンやスパなどのアミューズメントスポットや、スポーツジム、シティホテルなども揃っているので、快適なステイを楽しむことが出来ます。
駅や大通からのアクセスもよく、札幌観光の拠点としてもぴったり。
クリスマスシーズンになると、アトリウムに大きなツリーが登場し、夜遅くまで自由に見学することが出来ます。 
園内は,スポーツ施設や文化財,音楽ホールなどのさまざまな施設を有しています。園内には鴨々川が流れ身近に自然と触れ合うことが出来る場所として老若男女を問わず年間を通して愛されています。
北海道開拓の本拠として明治21年に約250万個ものレンガを積み上げ建てられた、北海道を代表する美しい洋風建築の庁舎。館内は一般開放され、無料で観覧することが出来ます。 現在は国の重要文化財の指定を受けています。
前の15件 1 | 2 | 3