YMQ

日曜日、旭川にLIVEを聴きに行きました。
遠出をしてまでも、見たい、聴きたいものがありました。
YMQー感のイイ方はもうお気づき?
YMQはYMOのコピーバンドなのです。
カフェ時代からのお客さんで、熱いレコパルYさん率いるYMQは、
70年代当時のYMOが使用していたシンセサイザー「ARP Odyssey」や
「PROPhet-5」を用いるこだわりのグループ。
この楽器は、YMOのファンからすると、
垂涎の的。楽器を演奏しない私でも、特に「ARP」のデザインには惹かれます。
2010_0927knutenki0004.JPG
2010_0927knutenki0001.JPG
演奏会場は「花みずき」旭川2条3丁目TEL0166-22-8731 というかわいらしいカフェ。
本業が高校の書道の先生のYさんと、書道仲間数人の書の個展 墨と遊ぶ「書楽展」を
ココでひらき、その杮落しイベントとして(名を借りてーですよねYさん)
YMQのLIVEが開かれました。
なので、来ていた方々はハッキリと``YMO''ってナニ?という
ことが顔にありありとしています。そんな完全アウェーな状態で
「ファイヤクラッカー」!!から演奏が始まりましたー
初めて聴いた「ARP」の生音。目をつぶればそこは紀ノ国屋ホール。
78年YMO結成の極初期の、まだフュージョンだった頃の生音が
甦る。不思議な音がします、この楽器。いろんな音色が混じるので、
うまく表現ができません。ただ、ファンとしては、鳥肌が立つ感動がありました。
ファイヤ・・の演奏を終え、Yさんが「この曲はマーチンデニー作曲うんぬん・・」と
説明しますが、ますます会場の皆さんの顔に、はてなマークが浮かびました、、、。
怪訝を深めて、更に演奏は進む〜
2010_0927knutenki0006.JPG
「ARP Odyssey」と「PROPhet-5」Yさんはこのほかに数台!所有しています。
2010_0927knutenki0008.JPG
主役はコッチ。趣ある書体で見入ってしまいます。雨ふりのメニューも書いて
ほしいなぁ、、なんて恐れ多いことを考えました。それにしても、
「ぜんざいたべたい」ってのがかわいくも微笑ましい。Yさんの人柄がでてる。
2010_0927knutenki0010.JPG
アンコールも含めて全7曲の演奏は、ファンとしてはおかわりをもっとしたくなるような
気持ちにさせるものでしたー。東風、中国女、テクノポリス、コスミックサーフィン
ジ・エンド・オブ・エイジヤ〜〜ドラムの方のボーカルも雰囲気があって
良かったし、途中で参加した女性のベースが、曲調に変化を与えてこれまた
良かったー。メンバーに正式参加していただき、是非他の曲の演奏も聴きたいです!

その後、会場の近くの焼き鳥居酒屋での打ち上げに、参加させていただきました。
「花みずき」のオーナーさんも参入して、とても楽しい宴になりました。
皆さん話し上手、気配り上手で、私も結構お酒すすみました。
笑ったなぁ〜ありがとうございました。
2010_0927knutenki0014.JPG
2010_0927knutenki0029.JPG
2010_0927knutenki0033.JPG
旭川の駅前のホテルに泊まり、折角なので美瑛〜ふらの〜桂沢湖を廻って
帰ってきました。美瑛ではセブンスターの木や、ケンメリの木なんていう
有名観光スポットに行ったり、美馬牛の自家焙煎コーヒーの店で
コーヒーを飲んだり、のんびり、ブラブラしてきました。

FREITAG

2010_0925knutenki0002.JPG
最近のお気に入りのバッグ 「フライターク」です。
スイスのメッセンジャーバッグのブランド。
なんといっても、この素材。トラックの防水幌を再生利用しているのです。
なので、ヨーロッパの雨露、はたまた雪風にさらされて使用感たっぷり。。
使用感たっぷりといえば、聞こえはいいですが、ようするに「こきたない」
(日本語はこういう表現がたくさんあり、伝えやすいですね)
だけど一度見たら忘れられない色、柄の無機質なカッコよさがあります。
幌の使用される部分などで、
同じ色、柄が二度とできない。つまり世界で自分だけの「フライターク」というわけで、
愛着もひとしお。
ちなみにショルダーベルトの部分は、シートベルトをモチーフにしたもの。
かつては、本物の廃棄シートベルトを使用していたというから、
再生美学(勝手につけました)の徹底ぶりには脱帽です。

自転車に乗る時に気軽にひっかけて。背中にコレがあると私の目印みたいです。
モノもたくさん収納できて、使い勝手もイイし。

チンクの後部座席にポーンと放り投げておいて、あらためて「フライターク」を見たら
「あれ、こんなところにレジャーシートを置き忘れたっけ」なんて
錯覚してしまうことも、ご愛嬌。

ぼちぼち

RIMG0630.JPG
ぼちぼち季節が深まってきました。
これから活躍する、お気に入りのブーツにオイルを塗って手入れをしました。
オイルが皮に馴染んできて、イイカンジになってきた。

パフェとソフトクリーム

天気がいいと出掛けたくって。
青空を見ていたら、やっぱり出掛けなくっちゃ〜な気持ちになります。
赤井川のDROMでブルーベリーパフェを食べよう!
こんなちゃらちゃらした気持ちで、いつも目的地を決めます。
2010_0915knutenki0027.JPG
2010_0915knutenki0030.JPG
全国的に有名な「DROM」に、実は行った事がありませんでした。。
そんなことで、方向音痴とちょっと踏み出す勇気?のない私は
迷いましたね〜。住宅街の中を走るのではなく、広い山中を駆け抜けて行くので、
ここは違うなぁと思って引き返したり、交差点まで戻ると
知らないうちに10キロ近く走ったりして、赤井川の山から麓まで、
行ったり来たりで、小1時間はぐるぐるしてしまいました。
ようやくたどり着いた場所は、自然と建物がうまく調和した
田舎暮らしの理想郷みたいでした。
浦河絵笛のじいちゃんの牧場のあたりを思い出しました。

迷った末にありついたブルーベリーパフェは、運転で熱くなった
気持ちまで涼しくさせてくれました。
2010_0915knutenki0038.JPG
入り口そばに飾られた2台のトラクターに、興味津々で近寄りました。
なんとクボタのトラクターじゃーないですか!
父が勤めていた会社。小さいころ、本社への出張のお土産に
よくもらっていたトラクターのミニカー。ST45というトラクターが
お気に入りでした。この小さいクボタのトラクターは、STシリーズでは
ありませんが、デザインカッコ良すぎー。エンジンかけてみたい。
2010_0915knutenki0039.JPG
2010_0915knutenki0042.JPG
帰り道は、トンデンファームに寄りました。
ソーセージや生ハムを買って帰ろうと、車に乗り込みましたが、
ソフトクリームを手にした方々がちょうど視界に入り、、、、
折角来たから、評判のソフトクリームも食べちゃいました。
出かけると、タガが外れますね。
2010_0915knutenki0047.JPG
2010_0915knutenki0050.JPG
ヤギがどことなくノンビリさせてくれます。
名前はやっぱり``ゆきちゃん’’でした。

ゆきちゃんとお別れして、さぁ帰ろうとエンジンをかけたら
今まで経験したことがない、、というかこれは凄い経験です!
トラブル発生しました。そんな中でも、冷静に対処できた
私を褒めてあげたい。(ホント図太くなった)
そして何事もなかったように!帰って来られたんですから。
この話はAH ME FURIにて。酒の肴。

もやし炒め

2010_0915knutenki0053.JPG
メニューのリニューアルをします。
フードメニュー・・おつまみを考える時、自分が何を食べたいかー
ここから始まります。

手間がかからず、リーズナブルで美味しいもの。。
野菜が好きな、私の頭に浮かんだものの一つは野菜炒め。
どこぞの大衆的な店には必ずと言っていいほどある、あの野菜炒め。
会社勤めをしていた時、会社は札幌駅直結でしたので、
仕事帰り、先輩に誘われて飲みに行く店は、札幌駅構内にあった
個人経営の大衆酒場。パセオができるちょっと前には
たくさんあったんですよー。
その時、私がいつも頼んでいたのはビールと野菜炒め。
もやしがたくさん入ったしょっぱすぎない、体にうれしいものでした。
あ〜ビール飲みたくなってきた。

あの味を思い浮かべながら、試作してみました。
ネーミングはもやしの印象が強いので、あえて「もやし炒め」
あたまに駅前風なんて付けようかなぁ。

あっさり好きな私のさじ加減を、是非ご賞味ください。

店頭のイメージ

2010_0908knutenki0001.JPG
流木のオープンの看板も気に入っていたのですが、
気まぐれに小さい黒板を使って、オープン看板を作ってみました。
ついでに、近くのカフェの店先で古物市をやっていて、鉄足のくたびれた椅子を
手に入れたので、その座面に立てかけて置いてみました。
こっちのオープンのほうが、AH ME FURIには似合っているかな。

奥のアイビーを置いている木製の脚立は、白に塗り替えて
使っています。店先のものをちょこちょこっと変えると、
印象がガラリと変わるので、面白いです。
何か植物か花を飾れば、取りあえず完成。

余市へ

秋の風がほんの少し漂いはじめた火曜日、バンデンプラよっしーさんと
余市方面に出かけました。
2010_0908knutenki0003.JPG
気分はなぜか‘‘ジャニス’’ジャニス・ジョプリンを聴きながら〜
2010_0908knutenki0008.JPG
余市に行く目的は「うに丼」季節はずれのうに丼を食べて、夏にお別れです。
2010_0908knutenki0015.JPG
2010_0908knutenki0017.JPG
帰り道、やっぱり寄りました忍路のパン屋さん。ロケーションのいい
ここは観光スポットですね。
2010_0908knutenki0021.JPG
2010_0908knutenki0022.JPG
最近お気に入りのパン屋さんが小樽 手宮市場周辺にあり、
バンプラよっしーさんと熱いバトル(っていってもかわいいもんですが・・)を
繰り広げてたどり着きましたが、残念!定休日でした。。。。
それにしても手宮市場周辺は、小樽の「いいとこどり」ですね。
趣あり、情緒豊かであり、ゆっくり散策したくなる、好きな場所です。
2010_0908knutenki0026.JPG
2010_0908knutenki0024.JPG
〆には、張碓で前から気になっていたカフェで、コーヒーを飲みました。
ここは20年ほど前に、よく来ていた場所。
「キャンディ」というアーリーアメリカンのインテリアが素敵な
大好きなダイニングカフェがあった場所なのです。(なつかしく思う方も
多々いらっしゃるかと。行ったことがある方、語らいましょう!)
「キャンディ」はカフェをいつかやってみたいと、
私にきっかけを与えてくれた店でもあるのです。
フィフティーズ好きな私にとって、ど真ん中ストライクな店だった「キャンディ」が
なくなった時、よく一緒に行っていた会社の同僚と「いつかこの場所でカフェを
開こう!そして名前はキャンディキャンディだ!!」なんてザレごとを言って
笑いあった日々が思い出されます、、、。

建物はそのまま「キャンディ」でした。面影が多分に
残る店内は、あの頃が思い出されて懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
海に行った帰りに寄るのが心地よかったっけ。

コクバン

2010_0906knutenki0002.JPG
表に出すべく黒板を用意したのですが、
チョークで書くのはムズカシイですね。
書いては消し、書いては消しの繰り返し・・・
気分転換に、違うことしようかな・・

Profile

お酒と音楽 AHMEFURI
札幌市中央区にあるバー

・札幌市中央区南4条西6丁目8番
晴ればれビル 1F

・電話 011-231-2706

・18:00〜1:00

詳細はこちら

New Entries

Categories

Archives(111)

Link

Search

Free