レコードの会〜室蘭ジャズクルーズ

2010_0821knutenki0015.JPG
2010_0821knutenki0014.JPG
昨日は、レコードの会と称して20時くらいからマッキントッシュ真空管で、
マーチンデニーをつらつらとかけていました。
面白がってやってきてくれた方に、本当に感謝いたします。
「エキゾチックサウンド」未知なる音楽に付き合っていただきまして、
ありがとうございます!
これを機会に、土曜日は終日レコードをかけようかな。。決定。
50年代や60年代に録音された音楽は、CDよりもレコードで再生したほうが
より生音らしい表現を感じることができるので、聴いていて気持ちよく
ノレますね。閉店近く、誰もいない「雨ふり」で「LIVE AT MISTY 山本剛トリオ+
森山浩二」を聴きながら、ひとりノリノリで本日は終了。

そうそう山本剛といえば〜先週土曜日、「室蘭ジャズクルーズ」にて
矢野沙織と共演!こんなスバラシイ組み合わせを、見聞きしないわけにはいかないと、
いそいそと行ってきました。

チンクで国道一部高速を使って、3時間のドライブの後に見たLIVEは行ってよかった
充実したものでした。(会場は倉庫なので、暑いのなんの。出演者、観客ともに
汗だくだく)
矢野沙織の新しいアルバム「BEBOP AT THE SAVOY 」がすごく好きで
中でもアルバムの一曲目に収録されている「キッカー」がすばらしい〜
ジョー・ヘンダーソンの作品ですが、本家を超えるスピード感が快感。
カッコイイの一言です。
なので山本剛トリオと、どんな「キッカー」が聴けるか楽しみ〜だったのですが、
やってくれなかった。。。ちょっと残念でしたが、共演が
しっくりときていて、どれも良かったのでヨシ!です。(オープニングのダイナならぬ
``だんな''には笑ったー「あきれたぼういず」みたい。山本剛の歌声も
初めて聴きました)

その中でも白眉は映画「タクシードライバー」のテーマ
都会のなんともいえない、やるせなく切ないメロディを、
表面をなぞるだけの演奏ではなく、言うなれば真空管で再生したような
深いコクがあるものに。
矢野沙織23年の人生に何があった?米国での活動が、
この都会をテーマにした曲に反映されているんだろうなぁ。
映画の印象的なシーンのひとつ、シビル・シェパードの瞳を思い出させる演奏でした。

室蘭ジャズも今年で終わりなのですね。第三回に行って以来ですが、
(倉庫の暑さでその記憶が甦りました。)
野外イベントが少なくなることは、さびしいですね。。

COCB-53903.jpg

レコードの会 今週土曜日28日です〜マーチン・デニー特集

2010_0821knutenki0002.JPG
夏に聴きたい「エキゾチックサウンド」
マーチン・デニーのレコードを中心に、今週土曜日20時くらいから
レコードの会を開催します。
開催、、といってもかしこまったものではなく、20時から閉店時間まで、
マーチン・デニーのレコードをずっとかけるというものです。
数多く(ほんとにたくさんのアルバムを世に送り出した方でした)の
マーチン・デニーのアルバムから選りすぐりのレコード、
レア盤を、真空管で聴いてください!

バードコールが入っていたり、異国情緒あふれる歌声は
知らないで「雨ふり」に入って来た方は、たぶん驚かれるだろうなぁ。
そうそう、名曲?「AH ME FURI」も是非聴いてください。
2010_0821knutenki0004.JPG
2010_0821knutenki0005.JPG
2010_0821knutenki0009.JPG
2010_0821knutenki0010.JPG
2010_0821knutenki0007.JPG

くまねこ麺

今日のお昼は「くまねこ麺」
中華のお店茶月斎のランチです。
2010_0819knutenki0003.JPG
くまねこ麺はごまだれでいただく、伝えやすいたとえでいうならば、
油そばみたいな。マゼコゼして食べます。
(パンダな配色はありませんので、あしからず〜)
実はごまだれが苦手な私ですが、くまねこは、ごまたっぷりですが
さっぱりしているので、食べあきしないです。すすっと
おいしくいただきました。
付属のラー油が、味に変化をあたえてくれるのがいいですね。
2010_0819knutenki0004.JPG
麺とシューマイのセットにしました。
「シュウマイウマイ!」むかーし、夕方5時半くらいの「トムとジェリー」や
「奥様は魔女」の再放送の時によく流れていたCM。
わかり易い言葉だったので、子供な私もよく連呼していました。
もうひとつなつかCMで「なっとうたべて納得」なんてのも
ありましたっけ。ローカルCMでしたが、また見て見たいなんて
おいしいシュウマイをいただきながら、、、。


真空管

暑い日が続く札幌ですが、夜は少し涼しくなってきたような、、、
深夜、暑いとなかなか‘‘灯’’を入れることがないマッキントッシュ真空管アンプ。
窓を開けていて、そこから涼しい風を感じたとき、ヴィブラフォンの音が聴きたく
なります。
そんなときは、いつものデューク・ピアソンの「ファントム」ではなく、
ウォルト・デッカーソンの「トゥ・マイ・クィーン」
ヴィブラフォンのコルトレーンなんて称される御仁ですが、
私にはそんなことは、ちっとも感じません〜。曲のメロディがローテンションで
ゆったりと静かで、まるで冷たい水のように空間を流れる〜そんな感じの
曲と演奏が続く御仁のアルバムは、すべてお気に入り。しみる音。
2010_0810knutenki0016.JPG
2010_0810knutenki0011.JPG
2010_0810knutenki0017.JPG
2010_0810knutenki0013.JPG
夏もそろそろおわりですね。
AH ME FURIには、この季節に聴きたいアルバムがあります。
そこで来週、レコードの会を催します!
催す、、なんてタイソウなことを言っていますが、誰も興味のないレコードかも
しれませんので、日にちはなんとか決めて、私ひとりだけでもやっちゃいます。
詳細はまた。

走った〜往復500キロ

2010_0816knutenki0002.JPG
14日から本日16日まで、お休みいただいています。
いつも以上にチンクでやたら滅多に走り回った休日となりましたー。

14日はお墓参りに浦河に行きました。
一枚目の写真の反対側はぼちー墓地です。
(かつてブログで使ったなつかしの言葉かな)
昨年のブログ写真はノーマルのチンクでしたが、今年のチンクはアバルト仕様です
(一応主張します)
向別の墓地をあとにして、お盆に来られることなんて、何十年かぶりのことなので、
折角だから浦河港まつりの出店などを見てこよう〜と思い、
港にいきましたが、やってない・・・15日から?なのでしょうか。
港まつりの出店をみながら、子供時代に思いを馳せることはできませんでした、、、
ざんねん。
2010_0816knutenki0004.JPG
ならばとばかりに、かつて父に良くつれていってもらった、
浦河の奥地ーきねうす、幌別方面に足を伸ばしました。
何にもない牧場地帯ですが、私にとっては思い出たっぷりな場所。
父が農機具の販売の仕事をしていたので、小学生の時は、学校から帰ったら
毎日のように車に乗せてくれて、農家の多い、ここ幌別に来ていました。
父が農家で農機具の修理や商談をしている時、川辺で遊んだり
一緒に来た友達と山に入り込んだり(迷って危うく捜索されるところなんてことも)
クワガタを採ったりして、楽しかったもなー(浦河っぽい)
そんな懐かしい風景を眺めながら、更に幌別の奥に来た時、
ふと目に入った、蕎麦屋さん。食事処「春別」
お昼過ぎていたので、思い切って?立ち寄ることにしました。
プレハブつくりの、ちゃちゃっとしたつくりの店には、気さくなおばさんが二人。
「小さいくるまだねー」とチンクにあれこれ興味しんしんの様子です。
チンク話で盛り上がりすぎて
もう少しで、「その辺ひと回りして来てください」とカギを渡すところでした。。
ざる蕎麦を美味しくいただきました。
2010_0816knutenki0011.JPG
2010_0816knutenki0015.JPG
2010_0816knutenki0019.JPG
2010_0816knutenki0022.JPG
ここまで来たので、もっと奥地へ!
天馬街道の手前、オロマップ(といえばキャンプ場)の展望台なる場所に
はじめて行きました。ただの広場でしたー。
オロマップの近くの「おばけの沢」というところがあり、
ここが私の絶好のクワガタ捕獲ポイントでした。
水産試験場であった「おばけの沢」はもうないのがさびしい、、です。

帰りは様似まで遠回りして。
様似の観光スポット親子岩を観光気分でパシャ。
親子岩の近くに海水浴場(日高方面随一)とキャンプ場があるのですが、
結構賑わっていましたね。
2010_0816knutenki0032.JPG
帰りは、三石の出光のガソリンスタンドにて給油。
ここで給油をするには、ワケがある。かつてブログで紹介しました、
トヨタスポーツ800通称ヨタハチに再会するためです。
相変わらずキレイに鎮座していました。大事にされていますね。
2010_0816knutenki0021.JPG
時に真剣に、時にボーっと(危ない)札幌にたどり着いたら
気がつけば、距離計が500キロを越えていました。
お盆の混雑もあって、帰宅できたのは夜8時近く。。
朝8時に出発して、羊ヶ丘通りのジョイフルAKの近くでチンクにトラブル発生!
予備のパーツを積んでいたのと、ジョイフルで足りないものを購入することが
できたので、1時間のロスですが9時半には再出発することが
できました。(たくましくなったな私も。トラブルに動じず、あきらめないもの)
浦河の向別に到着したのが12時半。それから結構寄り道したんだなぁと、あらためて。
本当にチンクお疲れ様でした。
2010_0816knutenki0037.JPG
16日〜炭でとうきび焼いて食べました。中の芯までアツアツです。

アレッシィ

2010_0810knutenki0003.JPG
アレッシィ好きですが、東急ハンズで
ピンとくるモノ、ハッケンしました。
2010_0810knutenki0002.JPG

お盆休み〜14(土)15(日)16(月)

2010_0612knutenki0003.JPG
雨ふりのお盆休みは14(土)15(日)16(月)の3日間とさせていただきますので
よろしくお願い致します。
14日は浦河にお墓参りに行く予定のみなので、
札幌に帰省していて、雨ふりを覗きたい方や、暇なので
AH ME FURIで飲んであげようという方がいらっしゃいましたら、
どうぞお気軽にメールなどで連絡ください。
私も飲みながら?ですが、店をあけます!ので。

ルスツ温泉

2010_0805knutenki0005.JPG
お客さんとの会話の中で、ドライブの話題によくなります。
そんな会話の中でのおすすめ情報として、「ルスツ温泉」が面白いということを
ききまして、ハナシを聞いた次の日(昨日ですね)早速行って来ましたー。
2010_0805knutenki0007.JPG
昨日は曇天ときどき日が差す天気でしたが、暑すぎない気候は、
ちっこい空冷エンジンのチンクには、とてもやさしいものです。
出かけるたびに、まっくろになる私にとっても、大歓迎!焼けすぎてきたなぁと
ちょっと思っていたもので。
9時にスタートして、すこぶる快調に中山峠を越えて、ルスツに到着したのは
11時ちょうど。お腹もすいたので、温泉に入る前に、何処かで何か?と
思い、折角ここまで来たので、真狩のパン屋さんに行くことにしました。
2010_0805knutenki0010.JPG
パン屋さんの近くのひまわり畑がこころなごませる。
2010_0805knutenki0012.JPG
そして「ルスツ温泉」に到着。
230号線沿いで、看板が小さく出ていますが、小さい建物と看板なので
見落とす可能性があります。道の駅を過ぎたら、右を注視しながら
ゆっくり走ってください。
清掃料200円のみで入られる温泉。洗い場4箇所で、畳10畳くらいの(もっと小さいかも)
こじんまりしたお風呂場でした。ゆっくりつかるにも、手持ち無沙汰に
なるので、カラスの行水を自称される方には、ピッタリのくつろぎでしょうねー。

私も長風呂ではないので、さっと温泉を後にして、「さぁまた気合入れて、峠越え
するぞ」とチンクを走らせていたら、喜茂別町でうれしい再会がありました。
かつて「くっちゃんjazzフェスティバル」に行ったとき、必ず出店していた
「豪雪うどん」。いつも行くたびに食べていて、楽しみの
ひつでもありました。jazzフェスなきあと、どこで食べられるのかと
中山峠を越えるたびに思っていたものでしたが、こんな解りやすい
国道沿いで再会できるとはー。
2010_0805knutenki0017.JPG
2010_0805knutenki0015.JPG
中に入っている梅干とさやえんどうと、とろろがいいんです。
相変わらずおいしくいただきました。
また行かなきゃ。チンクがんばってね。

今野雄二さん

2010_0803knutenki0003.JPG
1985年の夏休み、実家に帰省していた時に見た
水曜イレブン〜日テレの深夜番組11PMでエンタメ情報を紹介していたのが
今野雄二さんでした。
夏の或る日の夜に、今野さんが紹介したのは「ショコラータ」
オペラとロックと、クラシックとJAZZとファッションと、、書き切れない位
様々なモノが癒合された、音楽集団と言えばいいのかな?
とにかく電気が走るような出会いでした。
このTVでのLIVEを見た後、札幌に戻ってからの私の人生はガラリと
変わりました。それほどの衝撃を受けたアーティスト。
そこからの展開は熱くアツク、そして長いので別の話にします。
「超スノッブファッショナブル集団!」と確か
今野さんがショコラータを紹介したと思います。普段冷静な方が
少し興奮気味で紹介していたのが、とても印象的でした。
ソレに対して、司会の愛川欽也さんは、「またディレクターがヘンなのつれてきちゃったよ」
と、やれやれといったカンジで返していたのを覚えています。。。(ちょっとくやしかった)

あの時、今野さんがショコラータを紹介していなかったら、、、私の
人生は違ったものになったはず。ファッション、芸術、音楽、いろいろ考え
極端に求めた濃い時間を過ごしたからこそ、こだわりが生まれました。
良いのか悪いのか?妥協知らずにつきすすみ、研ぎ澄まされた感覚を信じられたから
仕事に結びつき、発想力が豊富に生まれた。。
この出会いは絶対必要なものだったと思っています。

一昨日、お客さんのリクエストでかけた、加藤和彦の「パパヘミングウェイ」を聴きながら
今野雄二さんがショコラータを教えてくれたことを思い出していました。。。
トノバンといい、今野さんといい、、まったく。。

感謝と哀悼の意を表するしかないじゃないですか。



Profile

お酒と音楽 AHMEFURI
札幌市中央区にあるバー

・札幌市中央区南4条西6丁目8番
晴ればれビル 1F

・電話 011-231-2706

・18:00〜1:00

詳細はこちら

New Entries

Categories

Archives(111)

Link

Search

Free